お知らせ

投稿日:2024年4月22日

野地換気の重要性

今回は野地換気について説明させていただきます。

屋根裏の湿気や熱気を外へ出す為に野地換気を取り付けます。

現在一般的に使用されているゴムアースルーフィング(防水紙)は気密性、防水性が高く雨漏りはしにくい反面、通気性がほとんどない為、屋根裏の湿気や熱気が外に逃げず、結露で雨漏りのような現象が起きたり、室内温度が上がる原因となります。

野地換気を取り付ける事で湿気・熱気を外に出して結露を防ぎ、室内温度も下げる事ができます。

また湿気が少なくなる事で建物を長く持たせる効果も得られる為、野地換気はおすすめです。

屋根材により換気の材料は異なりますが、取り付けをご検討の方は一度ご相談下さい。

お問い合わせ

福岡県直方市・宗像市の屋根工事は福岡県宮若市の福原屋根工事へ
福原屋根工事
〒822-0153
福岡県宮若市山口3698-2
TEL:0949-52-2939 FAX:0949-52-7011
※営業電話お断り※

お知らせ

関連記事

屋根修理が必要な瓦屋根の状態を知ろう!

屋根修理が必要な瓦屋根の状態を知ろう!

今回は、「屋根修理が必要な瓦屋根の状態」についてご紹介します。 瓦の割れやズレ 風や落下物による衝撃 …

【営業・セールスの方は必ずご一読ください】

【営業・セールスの方は必ずご一読ください…

この度は弊社のホームページをご覧いただきありがとうございます。 福原屋根工事では、営業・セールスの電 …

瓦アート展開催 熊本県(くまもと街なか広場)

瓦アート展開催 熊本県(くまもと街なか広…

本日は瓦組合事業で、5月28日〜30日まで熊本県で行われる瓦アート展の出展準備に参加して来ました。 …

お問い合わせ  ご依頼の流れ